トップページ » その他の教職員の権利 » 妊娠・出産に関して

妊娠・出産に関して


生理休暇 ○生理日の勤務が著しく困難な女子職員で必要な時間(2日~3日の範囲内)
通勤緩和休暇
(特休)
○妊娠中の職員が母体の健康維持のため。勤務時間始め終わりに1日1時間
通院休暇
(特休)
○妊娠中及び出産後の保健指導及び健康診査のため
○1日以内で必要な時間

  • 妊娠23週まで4週間に1回
  • 妊娠24週~35週まで2週間に1回
  • 妊娠36週~出産まで1週間に1回
  • 産後1年以内に1回
○医師の特別な指示がある場合その指示の回数
○離島勤務者は検診のための往復時間も含む
妊娠中の労働
軽減措置
(職専免)
○ 教室を1階にするとか、体育の授業など
○ 母体又は胎児の健康維持のため勤務時間中に休息又は捕食の時間を取れる

  • そのつど必要な時間
妊娠障害休暇
(つわり休暇)
(特休)
○ 妊娠中の職員がつわり等により勤務することが困難な場合
○ 妊娠期間中7日。1日単位で継続・分割可
産前・産後休暇 ○ 産前8週・産後8週(多胎妊娠は産前14週)
○ 4ヶ月以上の死産・流産・早産・中絶 も適用(産後8週)
出産補助休暇
(特休)
○ 配偶者の出産前10日以内、出産後10日以内において3日

沖縄県教職員組合  TEL (098)867-0161   2008年10月現在