トップページ » その他の教職員の権利 » 育児・介護に関して

育児・介護に関して


育児休業制度 ○子どもが3歳になるまで休業ができる→全職員対象 (非常勤等を除く)
○特別な事情がある場合1回に限り延長可
○妻と夫が同一の子に交代で取ることが可(1回)
○給与支給なし(但し公共済より育児休業手当金50%支給)
部分休業制度 ○子どもが小学校始期に達するまで1日2時間以内(30分単位)
○給与は時間に応じて減給
育児時間(特休) ○子どもが1歳になるまで90分(分割可)
子どもの看護
休暇(特休)
○中学校就学前の子の看護(配偶者の子も含む)のため
○暦年5日以内、時間単位取得可。子が複数のときは10日
心臓疾患児の手術に必要な看護(職専免) ○18才未満で、夫婦共働きの職員の子の手術ため
○手術が他県の場合2週間、県内1週間の範囲
男性職員の育児参加休暇(特休) ○配偶者の産前・産後の期間中(一人目は産後のみ)に5日
早出・遅出勤務制度 ○中学校修学始期までの子の育児又は家族の介護のための早出遅出出勤
○8時、9時、9時半出勤の3パターンより選択
育児短時間
勤務制度
○小学校就学前の子の育児のために短時間の勤務をするための制度。(代替有)
(ア)1日あたり4時間(週20時間)
(イ)1日あたり5時間(週25時間)
(ウ)週3日(週24時間)
(エ)週2日半(週20時間)
(オ)上記(ア)~(エ)を除く、週20、24、25時間勤務(交代制勤務)
○給与は勤務時間による
○一月前までに請求申請。延長・再申請可。
介護休暇 ○ 家族の負傷・疾病又は老齢による(2週間以上の支障)介護のための休暇
○ 連続する6ヶ月の期間で1日又は1時間単位。
○1時間単位の場合1日連続した4時間(始業又は終業)の範囲

沖縄県教職員組合  TEL (098)867-0161   2008年10月現在