トップ

第58回沖縄県 メーデー中央式典が行われました!

p5010001.JPG

2014年5月1日(木)17:30~沖縄県庁前(県民広場)にて、第85回沖縄県メーデー中央式典が開催されました。

「メーデー」は、1886年5月1日に、シカゴで労働者が「8時間労働制」を求めて立ち上がったことを始まりとして、世界各国の労働者が連帯し、集会やデモを実施し、闘うことを決意する日となっているものです。

今回は『力合わせよう!心つなげよう!みんなの暮らしの底上げ実現のために!』のスローガンのもとに、雨の中、私たち沖教組を含め、32団体・約800名の働く仲間が集まりました。

主催者・来賓あいさつ、行動提起のあと、特別決議(案)・メーデー宣言(案)が参加者により承認されました。

すべての働く者の処遇改善、くらしの底上げ、格差是正を求め、先頭に立ってその成果を地域に拡げ、「働くことを軸とする安心社会」を実現することを確認し、式典は閉会しました。

p5010003.JPG p5010005.JPG

その後、県民広場~牧志公園までの国際通りを参加者でデモ行進をして 、メーデーをアピールしました。

カムバックセミナー2013 in ネストホテル那覇!!

pb200003.jpg

2013年11月27日(水)ネストホテル那覇にて、育児休業中の教職員の方を対象に『カムバックセミナー』を開催しました。

今回のセミナーは、なんと、教職員35名お子さん26名もの参加申し込みがありました!当日は寒暖差が大きな時期になったこともあり、残念ながら欠席される方もいましたが、それでも参加者が30名、お子さんは19名の方に来ていただきました!

pb270022.JPGpb270016.JPG

セミナーの内容は前回と同じように、前半は「労働組合ってどんなもの?」「教職員の権利について」などのクイズや話、沖縄県教職員共済会、学校生協・学校用品からの説明がありました。

クイズのトップ正解者には豪華(!?)商品もありました(^○^)ヤッター

pb270011.JPG

そして後半はおいしいケーキ&コーヒーを食べながらの質問タイム!

参加者が座っている円卓に沖教組・沖教済・生協の方が入り、人事異動や、育児に関する権利、育児短時間勤務についてなど、一人ひとりの質問にお答えしました!

こういう風に近い距離で気軽に相談できることは滅多にないと思います!そしてこの質問タイム後半・・・沖教組の必要性を感じてくれた方が、沖教組へ加入してくれました(^○^)ヤッター

pb270027.jpgpb270037.JPG

来年度もカムバックセミナー開催します!!育休を取る予定の方、育休を取っている教職員のお友達がいたら、ぜひ参加、紹介してあげてください!お得な情報もりだくさんです!!

カムバックセミナー2013 開催!!

pb200003.jpg

2013年11月20日(水)リザンシーパークホテル谷茶ベイにて、育児休業中の教職員の方を対象に『カムバックセミナー』を開催しました。

今回は、16名の教職員のみなさんと、託児所には8名のかわいいお子さんでの開催でした。

前半は「労働組合ってどんなもの?」「教職員の権利について」などのクイズ・お話から、沖縄県教職員共済会、学校生協・学校用品が扱っているいろいろな商品や制度などのな情報もありました!

クイズの様子

pb20021.jpg

後半は、リザンシーパークホテルおいしいケーキ&コーヒーを食べながら自由に質問タイム!

pb200041.JPGpb200042.JPG

参加者が座っている円卓に、沖教組・沖教済・生協の方が2~3名入って、人事異動や、育児に関する権利などさまざまな質問にお答えしました!

海が見える部屋ということもあってか、参加者も終始リラックスし、和やかな雰囲気でセミナーを終える事ができました。

セミナー室から見える景色

pb2005.JPG

青年部 第14回 広島平和交流の旅

p8040002.JPG

 2013年8月4日(日)~8月7日(水)の日程で「沖教組 青年部 第14回広島平和交流の旅」に行ってきました。今回は各支部から参加があり、計13名の参加になりました。

この平和交流の旅の目的は、「悲惨な地上戦となった沖縄」と、「悲惨な原爆を経験した広島」に暮らす若い教職員達が、ともに平和について思いをめぐらせ、平和教育の実践を語り合う中で、今後の平和教育に役立てるための旅です。

 

 「平和学習」では、1日目の折鶴平和行進・原水禁世界大会への参加での福島の方・県外・海外からのメッセージや、被爆体験者からの体験談を聞くことから始まり、2日目は、地図から消された島、そして、かつて毒ガス製造工場があった島である「大久野島」でのフィールドワークを行いました。実際に毒ガスを貯蔵していた建物、大量の毒ガスタンクが投棄された海岸を見ながら島を1周し、毒ガス資料館の見学では、当時の防護服や、製造されていた毒ガスの種類・性質・人間への影響など、生々しい写真などの資料もあり、原爆とはまた違った学習をしました。3日目の広島市主催の平和式典では、広島市長の平和宣言の中で『核兵器は「絶対悪」』と核兵器をあらためて否定し、世界の指導者に廃絶への取り組みを求めた発言がとても印象的でした。そして、その日の夜は灯籠流しにも参加し、1日を通して祈りに包まれる広島市の雰囲気を実際に感じる事ができました。4日目の資料館見学では、ボランティアガイドの方に案内してもらい、当時の様子を知る事も多くありました。そしてヒロシマ」の方々の非核・平和への想いの強さをとても感じさせられました。

p80400182.JPGp8040044.JPG

 

 また、もう一つの目的である「交流」では、1日目は地元、広島県教組の青年部との交流会を設定し、平和教育・活動に関して、または学校現場の情報交換など、沖縄県内でやる交流会とはまた違った内容のとても良い交流会ができました。2日目は同じ日程で参加している沖縄高教組との交流会も設定し、義務教育と県立の違いや連携が取れる点を話しながら、同じ地区で働いているけど今まで関わりのなかった方との交流もすることでき、とても楽しい交流会になりました。

p8050062.JPGp8070274.JPG

 3泊4日の旅を通して、全体的な学習の内容、交流会の雰囲気などとても良く、充実した内容の濃い4日間になりました!

この4日間の学習で得た知識・経験を、受信だけでなく、沖縄の学校現場に帰ってからは、子どもたち、同僚、保護者の方々などにも、どんどん発信をしていくこと。そして参加者全員が、今回の旅の間だけでなく、今後もつながっていく事を最後に確認し「第14回広島平和交流の旅」を終えました。

p8060248.JPG

参加したみなさん、お疲れ様でした(^○^)

この「広島平和交流の旅」は、毎年、広島原爆投下の日に合わせて行っています。興味のある方は来年度の旅へ、ぜひ参加して下さい!!

県高2013春闘要求書手交

p514006.JPG

p5140007.JPG

2013年5月14日(火)13:30より、県庁13階にて「県高2013春闘要求書手交」が行われ、教職員の職場環境の改善や生活維持・向上のための要求書を諸見里 明 沖縄県教育長へ手交しました。

要求書では、基本賃金や諸手当、労働条件や再任用についてなど、8項目63件にわたる要求をしています。また、要求書の中で、今年度特に重要課題とされる15件について、改めて口頭で確認し、実現に向けて最大限の努力をされるよう強く要求しました。

※要求書全文は、組合員専用ページにて閲覧できます。

第12回三者統一交渉

p1230033.JPGp1230022.JPG

2013年1月23日(水)13:30~県庁5Fにて「第12回三者統一交渉」が行われました。

県側は第8回三者交渉から第11回交渉まで、当初から提案している考えを全く変えずにいました。しかし、前回夜遅くまで交渉を行った甲斐あって、今回の交渉の開始時点で、提案の1部を見直し、

・経過措置額に関しては、組合側の要求が通り、ゆるやかな減額に見直し。

・退職金に関しては「調整率100分の104を受けることとなる職員に限り、その調整率を平成25年3月1日から平成25年3月31日の間は100分の98⇒100分の102とする」

というように考えを見直しました。 ⇒ 第11回三者統一交渉における県の考え方

しかし、新聞やテレビなどでも取り上げられている埼玉県などの退職金問題による混乱を見てもすぐ分かるように、退職金カットを年度途中で実施することはかなり重大な混乱を招きます。今回の県の見直し後の提案でも、沖教組を含めた三者が要求している「年度単位での実施」や、「カットの下げ幅」などについて全く触れられていませんでした。そのことに対して組合側は要求を続けました!

p1220016.JPGp1010033.jpg

13:30から始まった交渉は21:00頃まで続き、その間、沖教組だけで62名の参加がありました!!

学校現場等からのたくさんの「生の声」を直接、県側へぶつけ交渉後半、当初提案された退職手当の支給水準の見直しを県が行い、交渉は妥結しました!

退職手当の支給水準の見直しに関する県の考え方

今回は、たくさんの組合員が交渉に駆けつけてくれて、実際に想いを発言して頂いたおかげで、県側の固い姿勢をくずし、当初からの提案を見直すという結果を得ることができました!忙しい中、参加して頂きありがとうございました!今後ともよろしくお願いします!!

第11回 三者統一交渉

p1150022.JPGp1150005.JPG

2013年1月15日(火)13:30~県庁5F会議室において、第11回三者統一交渉が行われました。

退職金が大幅に、しかも約1年半という短期間でカットするという提案がされたことでかなり関心も高く、沖教組だけで35人全体でも60人を超える参加がありました!

第10回三者統一交渉における県の考え方 

今回の交渉でも県の考え方は全く変わらず、県が当初提案した内容と同じ回答を繰り返すばかりで、退職金カットの金額、カット額の下げ幅、期間などなど、どの視点からも全く歩み寄る姿勢はなく、交渉は平行線が続いていました。

しかし、今回も学校現場からたくさんの参加があり、その方達から意見・思いを直接ぶつけ、退職金カットを年度途中で実施することで、早期退職を考える人が増えることを想定すると教育現場が混乱することも予想されるなど、様々な問題点を伝えました。

交渉開始時 ⇒⇒ p1150033.jpg

13:30から開始された交渉は6時間を超え、交渉を終えたのは20:00前でした。最後に、今回の現場からのたくさんの声を聞き、再度考え直すという県の回答を受け、第11回三者統一交渉を終えました。

現場からのたくさんの声を聞き、全く動かなかった県の考えが動きつつあります!

次回の第12回三者統一交渉は1月23日(水)13:30~です!途中参加でもOKです!ぜひ、多くの組合員の参加をお願いします!!!!

第8回 三者統一交渉における県の考え方(提案)が示されました!

2012年11月28日(水)県庁にて三者統一交渉が行われ、そこで県から退職金に関する提案がありました。

その中身は退職金の大幅カットです!今回の提案が通った場合、みなさんの生活に大きな影響を与えることは間違いありません!この提案を跳ね返すためにも、ぜひ年末(12月25日予定)に行われる第9回三者統一交渉に参加をお願いします!!

県からの提案はこちら ⇒ 第8回三者統一交渉における県の考え方

カムバックセミナー開催しました!

セミナー様子セミナー相談様子

2012年11月28日(水)那覇市のホテルロイヤルオリオンにて育休中の教職員を対象に「カムバックセミナー」が開催されました!

当日は23名の参加があり、権利の学習や事務手続きなどの学習を、おいしいケーキコーヒー&ティーを飲みながら楽しくセミナーを終えることができました。

託児 様子ケーキ

参加者の声

 ・参加できて良かった。子育てサポート制度を知れて良かった。

 ・短時間勤務を知れて良かった。気軽に相談できる雰囲気で良かった。

 ・知らなかった権利がたくさんあった。大変勉強になりました。

 ・学校生協、沖縄県教職員共済会の説明が聞けて良かった。

などの声がありました!

次回のカムバックセミナー2013年1月30日(水)恩納村のリザンシーパークホテル谷茶ベイにて開催します!2度目の参加も大歓迎!!申込みがまだの方は沖教組本部(098-867-0161)まで申し込み下さい(^○^)

第10回!! ピースサイクリング開催します!

今年もピースサイクリングを開催します!今回で記念すべき第10回目となるピースサイクリングは、東村高江から辺野古海岸までの道のりを平和を訴えて自転車で走ります!

ピースサイクリング

やんばるの山の中海岸沿いのサイクリングは最高です!!ぜひご参加下さい!

※学校に配布したピースサイクリングのチラシの日時が間違っていました。申し訳ありません。

チラシの修正版を載せています。ご確認ください!

ピースサイクリング チラシ

第7回三者統一交渉

三者統一交渉1三者交渉2

2012年11月12日(月)第7回三者統一交渉が行われました。

合意された事項は次のとおりです。

・自宅にかかる住居手当については、2013年1月1日付けで廃止。
・年間調整(平均月4,000円余の減額)については行わない。


とする内容で、この2件は合意されました。

平成18年度の給与構造改革における「経過措置額」については、次回の交渉で話し合われます。県側は段階的に額を減らし、2015年度には全額廃止という提案をしています。多くの組合員の力が必要です!時間の都合がつく方は、ぜひ参加して下さい!!

沖縄県議会への陳情が採択されました!

沖縄県議会(定例議会)へ沖教組が提出していた陳情が、10月12日の会議において採択されました!

今回採択された陳情は

・「30人以下学級」の早期完全実現に関する陳情

・ 離島・僻地からの高校進学に関する陳情

・「へき地学校給食食用物資供給事業」に関する陳情

3件です!

今後も子どもたちの教育環境の改善に向けてこのようなとりくみを続けていきます!

第6回三者統一交渉

三者交渉1三者交渉2

2012年10月30日(水)第6回三者統一交渉が行われました。

前回の交渉時に要求した資料が提出され、その内容も確認しながら話し合いが行われました。

傍聴に来ていた組合員からの年間調整額に反対する意見も相次ぎ、あらためて三者側の考えを県に伝え、再考をお願いし、交渉は終了しました。

第5回三者統一交渉

三者統一交渉三者統一交渉2

2012年10月16日(火)第5回三者統一交渉が行われ、2012年度の給与改定に関する県の考え方の説明がありました。

・「人事委員会勧告のとおり給料表及び期末・勤勉手当については、改定を行わない。」

・「給与月額の合計額に100分の0.13乗じた額に、4~12月の月数を乗じた額を減額。」

・「経過措置額を2013年4月1日以後は2分の1、2014年4月1日以後は支給しない」

などの説明がありました。

これに対し、三者の考え方、詳細な資料の提示などを要求しました。

人事異動等に関する要求書 手交

要求書手交要求書手交2

2012年10月15日(月)沖縄県教育庁義務教育課へ人事異動等に関する要求書の手交を行いました。

要求事項は、

「人事については、本人の希望や特殊事情を最大限に尊重し、希望外については

 本人の承諾を得て行うこと。」

・「人事については、人事の刷新を図り人事行政の適正を期すため、公開の原則に

 立って組合と十分に話し合い、双方の納得と了承に基づいて行うようにすること。」

・「初任者についても、夫婦別居、子の養育を担う等、著しく生活に支障があると認

 められる場合は、特段の配慮をすること。」

などの要求をしました。(一部抜粋)

人事異動等に関する要求書←全文

今後、組合員の人事異動については交渉を重ねていきます。

カムバックセミナー開催します!

教職員のみなさん、こんにちわ!

今年度も育児休業中の方を対象に『カムバックセミナー』を開催します!育児に追われている日々かと思いますが、少し息抜きしませんか?

おいしいケーキあり、役にたつ情報ありの内容です!ぜひご参加下さい!!

カムバックセミナー チラシ

以前に配布した申込み用紙の中で、開催日が間違っている箇所がありました。申し訳ありません。こちらのチラシでご確認ください。

八重山情報8号

八重山情報8号

2012年度 県教育委員会との春闘交渉

p1010013.JPGp1010035.JPG

2012年6月14日(木)沖縄県教育委員会にて、2012年春闘本交渉が行われました。

現在、教職員の慢性的な超過勤務や休日出勤の実態、子どもと向き合う時間・教材研究の時間の減少、病気休職者の増加などの厳しい現状があります。これらの現状を踏まえ、教職員の職場環境の改善や、生活維持・向上のために2012年春闘要求書を提出していました。

そして今回の本交渉で沖縄県教育委員会からの要求書への回答をもらい、今後、「年休の起算日を9月1日にする方向で検討」することや、「労働条件について、積極的に情報を交換できるような定期的な意見交換の場を設定する」など、教育現場をより良くするために、さらに協力していくことなども確認しました。

5・15平和行進・平和とくらしを守る県民大会

010088.jpg1010239.jpg

5月11日(金)~5月13日(日)の3日間、5・15平和行進が行われました。3日間で東コース42㎞西コース39㎞南コース44㎞を行進し、3コース合計で125㎞の道のりを、延べ6,000人が行進しました。梅雨入りしたとは思えない炎天下の中でしたが、大きな問題もなく、全コースで平和を訴えながら行進することができました。

dsc03296.JPGdsc03289.JPG

平和行進3日目の5月13日の午後2時からは宜野湾海浜公園野外劇場にて『復帰40周年 5・15平和とくらしを守る県民大会』が開催されました。会場には約3,000人の参加があり、復帰から40年もの時間が経過したにも関わらず、未だに「基地の島」となっているだけでなく、米軍と自衛隊の基地強化がすすむ沖縄県の現状や、オスプレイ配備を強行しようとする日米両政府に対して怒りの声をあげました。そして、核兵器も原発も、一切の軍事基地のない平和な時代をつくるため、一層団結を強めて戦い抜くことを確認し、「頑張ろう三唱」をして、県民大会を終えました。

03285.JPG

復帰40周年平和劇

kodomo10195.jpg

沖縄県もいよいよ復帰40周年を迎えます。

沖縄の今を考えるとき、「祖国復帰運動」は欠かせないものだと思います。

にもかかわらず、どうでしょう、「祖国復帰運動」があったことすら忘れられそうに

なってはいないでしょうか?

ここに一本の脚本があります。沖縄の祖国復帰を題材にしています。

劇に取り組む中で、復帰がなんなのかを考えるきっかけになってくれればと

書いたものです。

どうぞご活用ください。

※ 学校の実情にあうように、また、自分たちで調べたりしたことを付け加えてもいいですが、

書き換えたものを配布することは、ご遠慮ください。著作権を放棄するものではありません。

「復帰したら雪がふるの?」